ハードワークによる心身の限界は我慢しない

ブラック企業でなくても残業が続いたり、責任を強く感じながら仕事をする状況は誰にでもあることです。しかし毎日のハードワークにより身体に不調を感じたり、精神的に限界を感じた場合、それを我慢して働く事は非常によくないことです。無理をして身体を壊してしまっては意味がありません。真面目で責任感が強い人はワーカホリックになりやすく、ついつい限界を超えて頑張りがちです。ハードワークが原因でうつ病になることも多く、最悪の場合は命に関わる事態にもなってしまいます。そうなる前に休養を取ったり、病院を受診することが必要です。具体的な症状として食欲不信や不眠などがあり、身体の痛みや理由のない恐怖心を感じた場合はうつ病の恐れがあります。病気が酷くなると休職や退職をしなくてはならないほどの症状になってしまう場合もあるので、できるだけ早く治す事が重要です。
予兆に早く気づくことができれば薬を飲むだけで改善する場合もあり、仕事に支障を与える事なく正常な状態に改善することができます。予防のためには仕事を生きがいにしすぎない事をお勧めします。趣味よりも仕事一筋で生活してしまうと心の息抜ができず、失敗やうまく行かない時にノイローゼになってしまったり、自分のせいだと深く落ち込んでしまうことに繋がります。適度に柔軟な考えを持ち、責任を背負いすぎない事で心の負担を少なくするのがストレス社会で生きていく秘訣です。

限界に達する前に見るサイト:http://hardworklimit.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です